課題曲セミナー

昨日のウインドは、鹿児島県吹奏楽連盟主催の課題曲セミナーでモデルバンドを担当させていただきました。
講師は鈴木英史先生!
毎回ユーモアを交えた先生の講習は、参加された生徒さんたちにも大好評です。
特に、ご自身の作品である「ジェネシス」の講習では、時間が経つのを忘れるほどの濃密な解説にプレイヤーの我々も多くのことを学ぶことのできた貴重な時間となりました。
そして、最後の一コマでは明和中学校の橋口先生に指揮台に上がっていただき、鈴木先生との掛け合いから、また新たな刺激を受けることが出来ました!


5月7日 練習風景

昨日は、定期演奏会後初の練習でした❗️
練習前には団員オーディションが行われ、新たにトランペットとパーカッションに仲間が加わりました。
当面は来月行われる、吹奏楽コンクールの課題曲セミナーに向けて練習いたします🎶


鹿児島ウインドアンサンブル第50回定期演奏会 開催御礼

 2022年4月23日、多くの皆様にご来場いただきまして、鹿児島ウインドアンサンブル第50回定期演奏会を開催することが出来ました。まずはお越しいただきました皆様に御礼申し上げるとともに、世間を取り巻く状況が困難を極める中、新型コロナウイルス感染対策にご協力いただきましたことに深く感謝申し上げます。

 当初、2月末の開催を予定しておりましたが感染者の増加により延期。そしてここ数日の感染者数の推移を考えると開催自体も危ぶまれましたが、文字通り「音楽の力」が開催の後押しをしてくれたような気がしております。

 客演指揮にお迎えした福本信太郎氏の指揮はもちろん、軽妙なトークに会場の皆様も特別な時間をお過ごしいただけたのではないかと思っております。

 そして、50回という節目の演奏会にふさわしい、当団創設者の長瀬義人氏と歴代OBとの共演は、これまでの50年を振り返るとともに、これからの50年を踏み出すきっかけとなりました。

 今回の演奏会が鹿児島ウインドアンサンブルの新たな歴史の1ページとして刻めるように団員一同頑張って参ります。

 最後になりましたが、今回の開催に際しご尽力いただきました皆様に厚く御礼申し上げます。今後とも、鹿児島ウインドアンサンブルをよろしくお願い申し上げます。

プログラム紹介 その3

「再会のファンファーレ」(創立50周年委嘱作品) 平山 雄一

2020年度の全日本吹奏楽吹奏楽コンクール課題曲「トイズ・パレード」で一躍脚光を浴びた作曲家平山雄一さん。現在も鹿児島を拠点に作曲活動をされています。

曲についての説明は、演奏を聴いていただいてから…と、思いますが、明るく楽しくそしてどこかノスタルジックな雰囲気のある素晴らしい作品です。

本邦初演のこの作品をぜひ会場でお聴きください!

もしかしたら、作曲者ご本人からのお話も聞けるかも?

 

「ルイ・ブルジョワの賛歌による変奏曲」 クロード・トーマス・スミス

「フェスティバル・ヴァリエーション」や「華麗なる舞曲」と並んでスミスの代表作のひとつである本作品は、16世紀フランスの作曲者ルイ・ブルジョワの作品と言われている「詩篇旧100番」のテーマが用いられています。

スミスの曲といえば、とにかくテクニカルなものが多くプレイヤー泣かせ(汗)で有名です。この曲もご多分に漏れず様々なパートにハイレベルなソロやアンサンブルが存在します。しかし、冒頭のテーマはまるでパイプオルガンで奏でられたような雄大で荘厳な雰囲気を醸し出しています。

最近では、吹奏楽コンクールの自由曲としても取り上げられることが多くなりました。

 

「展覧会の絵」モデスト・ムソルグスキー(モーリス・ラヴェル、保科 洋編曲)

クラシックファンのみならず多くの人に知られたこの曲、最近で某テレビ番組で使われているため、「〇百景の曲」として認識されている方も多いと思います。

作品の解説については、プログラムにてご案内しています。

本日は、管弦楽版で有名なラヴェルの譜面をもとに日本吹奏楽界の重鎮、保科洋さんが吹奏楽用にアレンジされた楽譜を使用いたします。

ついに当日!

鹿児島ウインドアンサンブル第50回定期演奏会当日となりました。
半世紀という長い歴史を紡いできた当団ですが、新たな50年に向けてのスタートともいえる本日の演奏会、一人でも多くのお客様にお聴きいだきたいと思っております。
当日券もご用意しております。
本日13時までに各SNSのメッセンジャーからご連絡いただければ、前売価格にてご用意いたします。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

ご注意ください

⚠️ご注意ください⚠️
明日の鹿児島ウインドアンサンブル第50回定期演奏会は、宝山ホールにて
17:30開場
18:30開演
と、なっております‼️
お間違えのないよう、よろしくお願い申し上げます。

プログラム紹介 その2

前日になって慌ただしくアップしております💦

ウインド創設以来のOBと共にお送りする2曲は、「これぞ吹奏楽🎷🎺」と、言える作品です。

まずは、「吹奏楽の神様」アルフレッド・リードの「春の猟犬」です。
1990年6月16日アルフレッド・リードさんをお迎えしての当団第20回定期演奏会で演奏されました。
当時は県文化センター(現宝山ホール)に立ち見が出るほどのお客様がいらっしゃいました。
あれから約30年、当時のメンバーも交えての時代を超えた演奏。どのようになるのか、プレイヤーである自分達もとても楽しみです。
曲は、イギリスの詩人アルジャーノン・スウィンバーンの「キャリドンのアタランタ」の一節から着想を得たと言われています。
8分の6のリズムが、猟犬が駆け回る姿を想像させます。
春の訪れに(鹿児島はあっという間に夏になってしまいますが💦)胸をワクワクさせる、そんな感じにも聴こえてくるような気がします。

そして、もう一曲は組曲「惑星」で有名なグスタフ・ホルストの「吹奏楽のための第一組曲」です。
この曲の作曲や初演は不明な点が多いのですが、1920年にイギリスの王立軍学学校で演奏された記録があり、1921年に出版されました。
(ちなみにアルフレッド・リードは1921年生まれ。この曲の出版と同じ年というのはなんだか不思議な運命を感じるのは私だけ?)
曲は
第一楽章:シャコンヌ
第二楽章:間奏曲
第三楽章:マーチ
からなっており、同一のテーマが少しずつ変化していたるところに現れます。

いよいよ明日!

第50回定期演奏会まであと1日‼️
いよいよ明日に迫りました。
本日はホールでの練習。
昨年のポップスコンサート以来、練習の中止や公演の延期を経ての久々のホール練習。
ホールの響きがなんだか懐かしく感じます。
明日は、今出来ることを精一杯音にしてお届けしたいと思います。
皆さまのお越しをお待ちしております。

あと3日!

第50回定期演奏会まであと3日‼️
本日はプログラムの中から少しだけご紹介。
インフィニティ〜ブルーインパルスのために〜
(和田 信)
昨年の東京オリンピックでも、その雄姿を見せてくれた航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」
彼らをテーマに作られたのがこの曲です。
曲名はブルーインパルスが大空に描く8の字が無限を表す「∞」に見えるところから付けられたそうです。
第50回という節目の演奏会にふさわしい、華やかで雄大なこの曲を是非お聴きください。

あと4日!

鹿児島ウインドアンサンブル第50回定期演奏会まであと4日❗️
先日の練習後の一枚です📸
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
チケットは団員、各プレイガイド、またはDMよりお問い合わせください。

あと5日!

週末の練習も終了し、演奏会まであと5日。

昨日の練習時に福本信太郎先生に演奏会のポスターを持っていただきパチリ📷

そして、先生が教鞭を取っていらっしゃる昭和音楽大学出身の団員と一緒に!

今週末は皆様のお越しを心よりお待ちしております。

4月17日練習

鹿児島ウインドアンサンブル第50回定期演奏会まであと6日!
本日は、客演指揮の福本信太郎先生をお迎えしての練習となっています。
前半は春の猟犬、インフィニティそして展覧会の絵と進んでいます。
福本先生の、情熱的でユーモアあふれるご指導にどんどん演奏が変化していきます。

4月16日練習風景

本番まで1週間❗️
本日の練習は、OBステージのホルスト第一組曲から始まりました🎶
OBの方々の音楽に対する情熱がひしひしと感じられて、現役メンバーも刺激を受けているところです👍
長瀬先生のご指導にもますます熱が入ります✨

4月10日練習風景♬

いよいよ再来週に迫りました第50回定期演奏会に向けての練習です‼️
展覧会の絵や本邦初演の再会のファンファーレの練習中♫
コロナ禍でさまざまな制限のある中ですが、今出来ることを精一杯音楽で表現したいと思います✨

Instagramはじめました

 鹿児島ウインドアンサンブル公式Instagramはじめました。

 演奏会のご案内や、練習の様子を中心にアップしていきます!

鹿児島ウインドアンサンブル    第50回定期演奏会

春暖の候、皆様におかれましてはますますご健勝のことと存じます。

 先日来ご案内させていただいておりますように、鹿児島ウインドアンサンブル第50回定期演奏会を、4月23日(土)18:30より宝山ホールにて開催いたします。

 当初の2月開催の予定を変更してお届けをさせていただきます。

 皆様のご来場を団員一同、心よりお待ちしております。

 

チケット等のお問い合わせにつきましては、団員または各SNSのDMよりお問い合わせください。

創立50周年記念 鹿児島ウインドアンサンブル 第50回定期演奏会の開催延期について

創立50周年記念 鹿児島ウインドアンサンブル 第50回定期演奏会について

師走の候,皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

この度,鹿児島ウインドアンサンブル創立50周年という節目を迎え記念すべき50回定期演奏会を開催いたします。

創設者である長瀬義人氏をはじめとするOBを迎えての合同演奏や,本県出身の平山雄一氏による記念委嘱作品の初演などを予定しております。また客演指揮者に福本信太郎をお招きして,これまでの歴史を思いさらなる発展への決意を込めて,吹奏楽の魅力をお届けしたいと思います。指導者の先生方,生徒さん方にお楽しみいただける演奏会になるよう団員一丸となって練習を重ねています。

ケットは,山形屋・十字屋cross川商ホールのプレイガイド,または団員からお買い求めください。

皆様のご来場を,団員一同,心よりお待ちいたしております。

KWE✖️オリタノボッタスペシャルポップスコンサート開催御礼と御報告

5月16日(日)、御来場の皆様に、新型コロナウイルス感染防止のための諸対策にご協力いただきながら、標記の演奏会を無事開催することができました。
 現段階で、来場者及び公演関係者に、新型コロナウイルス感染またはそれに関連する御報告は上がっておりません。
 今回、とにかく吹奏楽や音楽を愛好してくださる方々に元気をお届けしたいと、織田氏に企画を相談しながら準備を進めました。
 開演前、休憩中、終演後のBGMやオープニングの演出など、今後、中高生の部活動における演奏会や、一般団体の演奏会等でもぜひご活用いただければと思います。
下記に、使用した器具のリンクを貼りますので、どうぞ参考にされてください。
 当団は今年度50周年を迎えています。創設以来、このような状況は初めてのことで、活動を続けることは決して楽なことではありませんが、吹奏楽や音楽を愛好する皆様、特に若い世代が、今後も吹奏楽を楽しんで続けられるように、皆で知恵を出し合いながら精一杯頑張っていこうと思います。
 今後とも鹿児島ウインドアンサンブルを、どうぞよろしくお願いします。

光る指輪 光るおもちゃ フラッシュフラワーリング(36個入)<br>{ 光る玩具 光るオモチャ 幼稚園 祭り 景品 子供会 縁日 }
[楽天] #Rakutenichiba
https://item.rakuten.co.jp/kishi-gum/10003288/?scid=wi_ichi_iphoneapp_item_share

ダイヤマウス (36個入)<br>{ 光る おもちゃ 光るおもちゃ 光るオモチャ ペンダント 人形すくい おもちゃ 子供会 低単価 景品 お子様ランチ }
[楽天] #Rakutenichiba
https://item.rakuten.co.jp/kishi-gum/10006428/?scid=wi_ichi_iphoneapp_item_share

お祭り問屋の岸ゴム:楽天
http://www.rakuten.co.jp/kishi-gum?scid=wi_ichi_iphoneapp_shop_share

5月16日(日)の「KWE✖️オリタノボッタスペシャルポップスコンサート」にご来場予定のお客様へ

  開場時間を14時に変更します。開演まで1時間ありますので、密を避け、分散しての入場に御協力ください。


 当日の出演者への贈り物等の御厚意は謹んで辞退いたします。演奏会をお楽しみいただけましたら、お気持ちを拍手に込めてください。それだけで私たちはとてもとても嬉しいです!


会場内では、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底いたします。お客様におかれましては、会場への移動等の際も、感染防止対策をどうぞよろしくお願いします。


ついにポスター公開!
チケットも、4月上旬からお求めいただけるよう、準備中でございます!絶対皆さんに元気をお届けできるコンサートになります!是非、お越しください!

織田先生ポップスレッスン!!

3月13日、14日の二日間、サックス奏者の織田浩司先生によるポップスレッスンが行われました。
 普段なんとなく演奏してしまっているポップス。織田先生のレッスンによって、目の前の譜面が、全く別の角度から見えるようになり、演奏がまるで別物になっていくことを実感し、団員一同興奮の1日となりました。

 告知が遅くなりましたが、鹿児島ウインドアンサンブルスペシャルポップスコンサートwith オリタノボッタ
を5月16日(日)に開催します!詳細は近日公開です!
 皆さんに、吹奏楽による本格ポップスをお届けできるよう、後二ヶ月さらに頑張ります!!

2021 謹賀新年

明けましておめでとうございます。
鹿児島ウインドアンサンブルは、
1971年創立以来、吹奏楽の可能性を追求し、
今年で50年目になります。

3月には、オリタノボッタ氏をお迎えして
オールポップスのコンサートを計画しています。
近日中に詳細はお知らせいたします。

世の中は先行き不透明な状況が続いていますが
たとえ歩みは遅くとも
団員一同、一歩一歩、
進んでまいります。
今年もどうぞよろしくお願いします。

2020秋の練習再開!

昨日(9月12日)より練習を再開しました^_^ 
 感染対策しながら、芸術の秋を楽しんでいきます^_^ 
 ありがたいことに、高校生の見学(練習も参加!)もありました。
 今年度は、依頼演奏、訪問演奏、自主演奏会(特別ゲスト予定!)など3つほど計画があります。
 今後も団員一同、吹奏楽を心から楽しみ、向上心を持って、聴く方の心を打つ演奏の追究に励んでいこうと思っております!活動に興味のある方は、是非ご連絡ください^_^

第49回定期演奏会御礼並びに今後の活動について

皆様ご無沙汰しております。
 第49回定期演奏会から、三ヶ月が経とうとしています。誰も想定できなかった三ヶ月間、定期演奏会に来てくださった皆様方への御礼も述べることができぬまま、ページを更新することができませんでした。申し訳ありませんでした。
 改めまして、第49回定期演奏会には多数の方にご来場いただき、本当にありがとうございました。アンケートも、一枚一枚ありがたく読ませていただき、次の演奏会に向けて、団員一同力をいただいたところでございました。   
 その矢先の、新型コロナウイルス感染拡大による芸術文化活動の休止。もちろんそれだけではなく、これまでの人間生活の大部分を見直さなければというような状況に、苦しい思いをされ、またそれが続いておられる方々もいるかと思います。
 私たち鹿児島ウインドアンサンブルも、この三ヶ月間は活動を自粛しておりましたが、6月より、感染拡大防止措置をしっかり講じながら、活動を再開して参ります。ウイルスとも共存せねばならない世の中ですが、音楽と共にある生活も、必ず取り戻すことが出来ると信じています。
 次回は、ウインドとしては珍しく、オールポップスでの特別演奏会を企画しております。この情勢ですので、まだ具体的な日時は決められませんが、「音楽を楽しむということ、音楽で人の心を励ますということ」を真剣に考え、思い切り楽しんでいただける演奏会を団員一同で企画いたします。
 6月27日には、新入団員募集のためのオーディションも計画しております。詳しくは、当団のウェブサイトをご覧ください。
終わりに、第49回演奏会の様子を少しばかり掲載いたします。ご覧くださいませ。

第49回定期演奏会の実施について

 224日(月祝)に予定されている第49回定期演奏会は、予定どおり実施いたします。ただし、新型コロナウイルス感染拡大の防止に向けた以下の対策を徹底致しますので、御来場くださるお客様の御理解と御協力をお願いいたします。


主催者側としましては,風邪症状または37.5℃以上の発熱が4日以上続いている者の参加を控えます。


御来場くださるお客様は、手洗いや咳エチケットの徹底など、感染の拡大防止につながる行動に御協力をお願いします。


会場にアルコール消毒薬を設置致しますのでご利用ください。


<参考> 鹿児島県

     新型コロナウイルス感染症に関する

     QA(厚生労働省ウェブサイト)

1月13日(日)福本先生レッスン

1曲目 ワインダークシー

ギリシア神話「オデュッセイア」からインスピレーションを得てジョン・マッキーが作曲したこの壮大な曲の通し練習から、この日は始まりました。福本先生の優しいオーラに秘められた情熱を受けとめ、団員一同一生懸命ついていきました。あっという間の午前中。

 

午後

2曲目 マザーシップ

You Tube シンフォニーオーケストラという名のオーケストラを結成する企画があり、その第2回目の演奏会で発表された曲です。シンセサイザーの、宇宙遊泳を彷彿とさせる音色と吹奏楽とのコラボレーションは、演奏していてとても楽しいです。観客の皆様には、ぜひ当日、ホールでこの不思議な音響を経験して欲しいと思うことでした。

 

3曲目 マードック 映画音楽のような、中高生にも大人気の曲。福本先生のタクトで、さらにロマンチックに、パッショナブルに仕上がっていきます。

 

4曲目 トリトンエムファシス 長生先生の音楽観で描かれる海。ただの海なだけでなく、若者が、社会の荒波ににも負けず、たくましく生きていってほしいという願いも込めて作られたとされるこの曲には、独特な音量のダイナミズムと和声感がたまりません。そして練習も佳境に。この頃の団員には疲労がたまりまくっています。

 

5曲目 希望の船 八木澤先生による鹿児島県吹奏楽連盟60周年記念の委嘱作品。こちらも県内中高生を中心にたくさん演奏されているかと思います。同じフレーズでもある時は日の出、ある時は船出、異なるものを表現することができるのだと、発見は尽きません。どうぞお楽しみに!


6曲目 はじまりの場所 オープニング曲。オープニングにふさわしい演出あり。乞うご期待!


10時から、16時すぎまで。途中で1時間の昼食時間を挟み、総計6時間のレッスンは、精神的には本当に充実していて、沢山のことを吸収できました。


次回は2月9日。公開練習です。指導的立場の方々を対象にご案内しています。スペース上、人数制限いたしますので、希望される方はお早めにご連絡ください(^^)

第49回定期演奏会開催決定

49回目の定期演奏会は、福本信太郎先生をお招きして「海と船の物語」を、吹奏楽の響きでお届けします!

<速報>第48回定期演奏会について

日時 平成30年1月13日(日) 14時開演

 

会場 宝山ホール(鹿児島県文化センター)

 

指揮 寺本 義明(東京都交響楽団首席フルート奏者),濱田 淳一(当団指揮者)

 

 

 

 

日置市立扇尾小学校閉校記念式典(思い出を語る会)にて演奏させていただきました。

日時 平成28年 3月13日(日)

会場 日置市立 扇尾小学校

午前中に行われた閉校記念式典の後、扇尾小学校卒業生をはじめとする関係者約200名が参加された「扇尾小思い出を語る会」において、スタジオジブリ,ディズニー等映画音楽のメドレー、最後には「ふるさと」を開場の皆様と合唱しました。

 また、最後は参加者の皆様が肩を組みながら扇尾小学校校歌を斉唱。伴奏をさせていただきました。

 今回、13名という小編成での演奏でしたが、聴いて下さった参加者の方々からは「生演奏で校歌を歌ったのはこれが初めてだ」と、大変喜んでいただきました。

 

 今後もこのような活動がもっともっと増やせたらと考えております。扇尾小学校閉校記念式典実行委員会の皆さま、今回は本当にありがとうございました。



鹿児島ウインドアンサンブルについて

鹿児島ウインドアンサンブルは,昭和46年(1971年)5月,長瀬義人(楽団顧問)を中心に10名足らずの有志により,管楽器奏法やアンサンブルについて勉強する吹奏楽愛好者の研究団体として発足した。

 団員は年2回行われるオーディションにより中学生から社会人まで,約70名の団員(研究生含む)で構成され,県下遠方を含め,各地からバンドの模範的演奏,吹奏楽という音楽形態のさらなる可能性の追求を志して練習に励んでいる。

 これまで,鹿児島の音楽文化向上と,吹奏楽の啓蒙及び青少年の健全育成を目指して,年1回の定期演奏会や県内各地における巡回公演を開催するなど,積極的な活動を続けている。

 特に定期演奏会では,F.フェネル博士,A.リード博士,秋山紀夫氏など国内外を問わず吹奏楽界における超一流の指揮者やソリストをお招きし,好評を博す。創立40周年記念特別企画としての41回定期演奏会では,当楽団出身で,現在は世界的に活躍されている指揮者の下野竜也氏,サクソフォーン奏者の有村純親氏を迎えて,満員の聴衆の方々のもと,大成功を収めた。近年では第45回定期演奏会にて,日本を代表する吹奏楽の作・編曲家である真島俊夫氏,プロドラマーの阿野次男氏をお迎えし,吹奏楽のコンサート等でも数多く取り上げられる真島氏の作品を,ジャンルを問わず演奏した。

 昭和59年(1984年)に鹿児島県芸術文化奨励賞を受賞。平成3年(1991年)に20周年記念演奏会に北爪道夫作曲による委嘱作品「フェスタ」,平成12年(2000年)に30回記念演奏会に久保禎作曲「偶景ー春讃」,平成23年(2011年)に創立40周年記念特別企画41回定期演奏会に中原達彦作曲による委嘱作品「吹奏楽のための協奏曲」を演奏している。

 創設者であり,現楽団顧問である長瀬義人氏は,永年にわたり管弦楽等の普及・向上に尽力するなど,地域の芸術文化の発展への貢献により,平成23年度 地域文化功労者文部科学大臣表彰を受彰した。